• rsp24027

o157

o157について書いていきます

腸管出血性大腸菌のことを言います




感染するとどうなるか?


頻回の下痢、腹痛

発熱はあっても一時的なことが多いです

潜伏期は3から8日


原因となる食品


  1. ハンバーグ

  2. 牛たたき

  3. 牛レバー刺身

  4. ローストビーフ

  5. サラダ

いつ頃起こるのか?


初夏から秋にかけて起こることが多いですが

寒い時期にも起こる


どこに生息しているのか?


動物の腸内に生息している

汚染された食肉、加工品、飲料水を飲むことで感染する

家庭では汚染された手で取り扱う食品を介して感染する


対策

十分な手洗い、衛生的に食品を取り扱うなどの対処が必要です


多くの食品会社で次亜塩素酸水が使用されているのはこのためです


まな板をハイターで洗う

手は流石に次亜塩素酸ナトリュウムでは洗えませんので次亜塩素酸水で洗う

また食品を次亜塩素酸水で洗ってからか熱処理という風に行う

野菜などは次亜塩素酸水で洗って水洗いして食べるなどの処理も有効です


#o157  #次亜塩素酸水 #食中毒 #夏

0回の閲覧

copyright©2018 合同会社トータルヘルスケアプロモーション All Rights Reserved